保険について

削らない治療

medi1

現在の虫歯治療は、多くの場合、虫歯はもちろんのこと、健康な歯も削って治療をしています。
しかし、削った歯は絶対元には戻せません。削った部分が多ければ多いほど歯は弱くなっていきます。また、ほとんどの場合削って治した歯がまた虫歯になっていきます。その理由は、顕微鏡レベルで歯を見てみると、削った歯の部分の周りには、ひびがいっぱい出来てしまっているからです。この微小なひびの中には細菌が侵入してしまいます。
その結果また虫歯になってしまうということです。
当院では、TBSの「これが世界のスーパードクター」で放送された小峰一雄先生の講習を受け、ドックベストセメントという方法で治療を行っています。

保険診療と保険外診療について

患者様の多くの方から「『保険診療』と『自費診療』の違いがよくわからない」と言われます。
また、他の医院にて被せ物等の治療を受けた患者様から「何も聞かれずに治療されて気づいたら銀色の被せ物が入っていた。本当は白い物がよかったのに……」とのお話もよく聞きます。

何がどう違うの? 前歯は保険がきかない?
まず、現在の保険制度は日本が敗戦を迎えた当時、苦しい社会情勢の中で国民全ての人々ができるだけ少ない負担で医療を受けられるようにと始まった制度なのです。
しかし時代が変わり、生活レベルも当然向上し治療に対するニーズも多様化し、技術、材料も進歩しているにもかかわらず健康保険の歯科医療内容の根幹部分はほとんど見直されておらず、現在の実情にはそぐわない面が多くなっています。
そのため、日本の保険医療の内容は発展途上国並でいまだに銀歯と言われる金属を使用した治療が保険では行われています。金属の種類によっては身体への弊害も実証されており、金属アレルギーを考慮してもなるべく金属を使用しない治療が普及されてきました。
しかしこの保険制度には『取り決め』がありその『取り決め』に沿って処置せざるを得ずいくら優れた『技術』『材料』でもその『取り決め』から逸脱する事はできません。
それは『時間』をかける事もしかりです。(時間や回数も無制限ではありません)
治療する順番に関しても制約があるため、早く治療をしてほしいといった要望には応えられない場合も多々あります。
そのため内容にもよりますが金属を使用しないで治療することは保険内では行えない事もあるのです。
保険診療の報酬は日本全国一律に設定されており、その報酬は先進国の中で比較すると1/5~1/10という現状です。
その為、保険診療では時間をかけて丁寧に治療すればするほど、あなたのなるべく歯を削らず長持ちさせようとすればする良心的な歯科医院ほど赤字経営となるのです。

つまり保険内の治療は
『機能回復』に対する『最低限』の治療なわけです。

より長持ちする材料より綺麗に回復させるといったあなたに合ったニーズ、内容から見て『ベスト』な選択ができないのが保険診療なのです。
また、保険診療では予防処置が認められていません。
むし歯になった原因や歯周病になった原因を探り、メインテナンスをすることは保険診療ではできないのです。

自費治療について

保険治療では、歯の場所ごとに利用できる素材などが決められています。以前では、アマルガムと言われる水銀を含む金属が認められていたりと、戦後定められた基準では、必ずしも安全性の高い素材が用いられていた訳ではなかったのです。
自費診療では使用する材料や機材に制約がないため、あなたの希望に沿った治療が行いやすくなります。
『保険と自費の違いは、治療する部位や詰めたり被せたりする材料の違いだけ』という誤った認識が蔓延しています。もちろん、材料や使用する機器などが違うことも事実ですしそれによって快適な装置が使用できることが多いですが、それだけではなく、こうした『時間』の要素が実は大きなウエイトを占めているということを、ぜひ皆さまに知っていただきたいと思います。

お伝えしたいこと

現状の保険診療では、検診で病気を見つけそのための治療をする、薬を飲む。そしてその治療や薬による副作用によりさらなる病気を生むという状態になってしまっています。
現在、生活習慣病で一番患者数が多いとされているのが高血圧性疾患です。
そして、次に患者数が多いとされているのが糖尿病、心疾患、脳血管疾患、悪性新生物の順番に、生活習慣病の患者数は増える一方です。
生活習慣病の高血圧性疾患の患者数は718万6千人といわれていますから、
これはかなり多い患者数であることがわかります。
次いで患者数の多い糖尿病が、211万5000人、
心疾患が、184万5千人、
脳血管疾患が、147万4千人、
悪性新生物が、127万人、といわれています。
生活習慣病でそれぞれ医療機関にかかっているという患者数の総合計は全国に1400万人以上いるとされています。
むし歯や歯周病は日本国民の約9割が罹患している生活習慣病の一つです。
病院にかかる人ほど病気になるとも言われています。
虫歯にならない、歯周病にならない生活が身体の健康に直結します。
ぜひ痛みが出たら歯医者に行く、検診で虫歯が見つかったら削ってもらうといった習慣を見直して頂きたいと考えています。

自分自身の生活の質を高められる人は、自分自身に責任と信頼を持ち、その努力をする人だけです。
現実には、個人の行動の質と量によって、得られる成果は異なります。将来をイメージし、より豊かな生活を送るために必要な投資の優先順位を誤らないようにしていただきたい。是非一度、真剣に考えてみてください。
あなたの健康を守るのはあなたしかいません。