削らない治療(ドックベストセメント)

現在の虫歯治療は、多くの場合、虫歯はもちろんのこと、健康な歯も削って治療をしています。
しかし、削った歯は絶対元には戻せません。削った部分が多ければ多いほど歯は弱くなっていきます。また、ほとんどの場合削って治した歯がまた虫歯になっていきます。その理由は、顕微鏡レベルで歯を見てみると、削った歯の部分の周りには、ひびがいっぱい出来てしまっているからです。この微小なひびの中には細菌が侵入してしまいます。
その結果また虫歯になってしまうということです。

ドックベストセメント療法とは?

doc'sbestcement
むし歯を無菌化する作用をもった接着剤「ドックベストセメント(Dog’s Best Cements)」を使用した治療法です。これの使用により歯の神経近くまで進行したむし歯でも歯の神経を残せる可能性を高めます。
従来の保険治療では通常の場合、神経までむし歯が達すると歯の中の神経を取ります。
しかし、神経の無い歯は歯の中に血流が無くなるのでもろくなり、長生きできません。歯の神経は、できる限り取らない方がいいのです。
ドックベストセメント療法は、できる限り歯を削らない治療法なので歯の神経を残し歯の寿命を延ばす可能性が高くなります。

ドックベストセメントの魅力

  • 歯をできる限り削らないで残せる
  • 歯の神経を残せる可能性を広げる
  • 神経の近くまで進行した大きなむし歯に有効
  • からだにやさしい天然ミネラル成分でアレルギーの心配が少ない
  • 保険診療よりも治療にかかる時間が短い

※個別の症状により適用が限られます。
(痛みの酷い方や、小さなむし歯には適用をおすすめしません。)

治療概要

  • 日本の保険治療ではまだ認知されていないため、保険適用外(自費)での診療となります。
  • 経過観察を定期的にさせていただく場合があります。
  • 変色した虫歯でも削りきらないため、審美的な観点から、一部おすすめできない箇所があります。
  • 痛みの強い歯や、痛みの激しい歯には効果を発揮しない場合があります。事前診察の上、判断させていただきます。
  • 処置に5,000円~ ※別途詰め物の費用が掛かります。
  • 当院では、TBSの「これが世界のスーパードクター」で放送された小峰一雄先生の講習を受け、その方法で行っています。